パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-10-05 | ページ表示数:5529回

Baby Face

製作:Oz Project
発売日:2000-03-24
原画:BLACKINABA シナリオ:森田門司
シナリオ:5 グラフィック:6 システム:6 総合:5
長所:アニメ?音声?  短所:主人公・・・
種類:W
家庭教師を装って近づき、ある日襲って写真撮って脅迫しようってゲーム。最初に主人公(猿人類)がモザイクかけられた縄で自殺しようとする所から始まる。このCGで吐き気を感じた人もいるはず。せっかく入った大学で級友にゴミカス扱いされ、女生徒にはキモチワルトとさげすまれた毎日。死ぬのを思いとどまって快楽を貪ることに決めた主人公。というのが筋。ゲームは学力、体力、容姿を磨くかTVを見る。家庭教師をする、学校や家を訪問することで進んでいく。現実感は希薄なゲーム。H目的のゲームだと思ってもらって結構ですね。最終的にはアイドルを毒牙にかけるのが目的みたいなもの。アニメーションはHシーンなどでは良くします。画面中央に小さめですけどね。音声は7人ともでますが音量が少ないかも。当然ながら全員童顔です。ついでに主人公は毛を剃るのが趣味みたい。全体的に主人公の暗い極悪さと意識して描いただろう醜悪なお顔がちょっと引かせます。とういかこういうゲームはちょっと御免被りたい。勧められるのは、無理やりが好きな人だけ。

©Oz Project/Baby Face(持ち出し厳禁)
©Oz Project(オズプロジェクト)/Baby Face(ベビー フェイス)
analysisページの先頭に戻る
今日:129昨日:233合計:2529116 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文