パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:1998-?? | ページ表示数:2966回

DiaboLiQuE-デアボリカ-

製作:ALICE SOFT
発売日:1998-05-28
原画:織音 シナリオ:とり
シナリオ:8 グラフィック:7 システム:7 総合:7
長所:シナリオ  短所:ゲーム性なし?
種類:W_??
アリスソフトが出した異色作品。コンセプトはHのためでない18禁。前評判では残酷な描写が多々あるようなことが言われたが実際はそれほどでもなく、輪廻転生を繰り返し別れては合うという恋物語の王道的物語だ。しかし内容に少し乙女チックなところを感じる以外は内容の長さ作りの確かさ、このソフトを買って損をしたという人は少なくてもいないはずだ。悲しい物語が多い、人間と支配階層であるデアボリカの血みどろの戦い・・・というか虐殺と時代の移り変わりも物語の重要な部分。ロードデアボリカである主人公の記憶がなくなったわけ、そして他のロードデアボリカとの関係など謎の要素もある。なんだかんだ言っても小説だと思ってもらえばいい、ジャンルはファンタジー。

©ALICE SOFT/DiaboLiQuE(持ち出し厳禁)
©ALICE SOFT(アリスソフト)/DiaboLiQuE(デアボリカ)
analysisページの先頭に戻る
今日:63昨日:185合計:2529235 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文