パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-04-25 | ページ表示数:4198回

エンゲージエランズ~魅惑の使徒たち~

製作:ポニーテールソフト
発売日:1993-09-14
シナリオ:4 グラフィック:3 システム:6 総合:4
長所:正統派SRPG  短所:CGが少ない
種類:D
Win版:無
これは趣味の問題です。ただただ面をクリヤーしていくのが好きな人はどうぞ。その他の要素を望む人はやめましょう。はっきり言って難しいです。一回も撤退しないでクリヤー出来るのでしょうか?画面を見れば分かるように雑です。戦闘画面はアニメーションしますが、この手のゲームでは当然でしょう。点数が低いのは万人向けではないから。好きな人は好きという作品です。クラスチェンジや武器の装備も一応出来ます。ついでに言うと「2」も出ています。ということは人気はそこそこあったはずですね。意味を為しませんが粗筋、破廉恥(?)天使の主人公は今日も女湯を覗いていました。しかし、女神の強烈な蹴りで地上に落ちてしまいます。そこで、魔女を倒しに行くという女の子達と出会います。そして司令官になるわけです。途中仲間を増やしながら、限られた日数でクリヤーします。

©ポニーテールソフト/エンゲージエランズ(持ち出し厳禁)
©ポニーテールソフト(ポニーテールソフト)/エンゲージエランズ(エンゲージ エランズ)
analysisページの先頭に戻る
今日:132昨日:194合計:2542840 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文