パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-12-06 | ページ表示数:3177回

Endless Serenade

製作:DISKDREAM
発売日:1999-02-26
原画:根須魂介 シナリオ:JUN
シナリオ:8 グラフィック:7 システム:6 総合:8
長所:音楽、シナリオ  短所:選択肢で停止不可、声の質
種類:W_??
ストーリーは違いますが、このゲームの製作者が作った同人で同じキャラクターが出ているゲームが出ています。ホンプロから確か・・・2千円位で発売されています。と言っても制作会社のHPにその旨が書いてあったはず。題名は「三重奏」で名前の通りヒロインの数が三人しかいないんですよね。詳しくは「三重奏 復刻版」のレビューを見てね。さて、本題ですが、このゲームは面白いです。熱意も感じられますし作りも丁寧、「ONE」などと同じ香りのするゲームです。ストーリーはプロローグで兄と婚約者、そしてその婚約者に恋をしてしまった主人公の生活が描かれています。そして二部構成の本編では死んでしまった兄と婚約者の夢であったコンビニでアルバイト達に仕事を教えながら物語が進行します。裏にはちょっと陰謀が見え隠れしてたりもします。後、一部(恋愛)では知り合って相思相愛になるまで、二部(サスペンス)では相思相愛の二人に壁が現れます、全ての壁の原因は一つだったりして。ええと、ヒロインは全部で5人。婚約者(お姉さん)、アルバイト×2、元アルバイト、常連。この中から親しくなっていくわけですが・・・恋愛というより触れ合いを楽しむゲームです、前半は。話の核心に触れると楽しみが減りそうで何を書いていいのかわからなくなりますが、親しくなっていって・・・問題に直面して・・・とにかく波瀾万丈な物語展開が魅力です。当然キャラクターは可愛いですしね。ううん・・・・物語進行は早朝、昼間、深夜の三つの時間帯(キャラクター)のどれを選択するか、そして空き時間にどこに行くかで決定します。音楽はこれでもかって程でもないですが良いです。今までのゲームでもベスト10には入りそうな良い音楽。後、歌も・・・けっしてうまくはないですが悪くないです。歌詞とかすれまくってる声がちょっとお気に入り、というか雰囲気出てます。あとは声。これも音質の問題だと思いますがかすれまくっているのですがうまいです。文章と言ってることが違ったり、一部でしか声が出ないというのも味があってフルボイスよりもいいかも、とか思ってしまいました。まとめると、音楽、歌、声は悪くない、Hシーンは不自然ではないし多め、CG、キャラクター共に悪くない、シナリオは愛が基本で謎と緊迫感、暗さがあって良い、ジャンルで言うと恋愛サスペンス、システムはマウスを連打していると選択肢も勝手に決定してしまうのが気になりますが他は丸。よってぜひ買うべし!(他のHPでの評判:上々のようですが、一部でシナリオ構成がだめだとか音楽が嫌いだとか萌えないだとか(全部同じHP)いう意見もあり、他にも色々と、人を選ぶゲームのようです。)

©DISKDREAM/Endless Serenade(持ち出し厳禁)
©DISKDREAM(ディスクドリーム)/Endless Serenade(エンドレス セレナーデ)
analysisページの先頭に戻る
今日:43昨日:328合計:2501945 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文