パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-04-30 | ページ表示数:6010回

悦楽の学園

製作:C's ware
発売日:1994-02-25
原画:やさまたしやみ 脚本:剣乃ゆきひろ
シナリオ:7 グラフィック:6 システム:5 総合:6
長所:謎作り  短所:個性が無い?
種類:D
Win版:有
推理物、学園物です。女子高で生徒がつぎつぎに行方不明になっていきます。政府の秘密組織が調べ始めたのですが、調査員が失踪します、そこで新しく行くことになったのが主人公。推理物なので筋はこれくらいで。一連のC'sの推理物の中ではそれほど目立っていませんが当時は絶大とはいいませんがある程度人気のあった作品。というのもこれらの作品は作りがしっかりしていて好きな人にはたまらないし、外れがないということで買われたのかな?面白いことは面白いですが、推理物が好きではないので評価は幾分抑え目。デザイアとかが好きな人は買うべきでしょうね。剣乃さんのファンで持っていない人は特に。でも、大分売れたから持っているかな?

©C
©C's ware(シーズウェア)/悦楽の学園(エツラクノガクエン)
analysisページの先頭に戻る
今日:30昨日:148合計:2506893 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文