パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2002-04-29 | ページ表示数:2057回

Guerunica

製作:BACKSPIN
発売日:1996-02-09
シナリオ:5 グラフィック:4 システム:4 総合:5
長所:ストーリー?  短所:システム
種類:D
Win版:無
RPG。魔族から人間を守る結界が弱っているという少女クルクが主人公に協力を求める。方法は5人の女の子とHをすること。普通の魚屋の主人公は旅が進むごとに何故か力が溢れてくる。そして、クルクはどんどん成長していく。とっても変わったシステムのゲーム。戦闘で攻撃を受けると体力が半減していく。要するに体力の残量が少なければ減る数字も少ないというよくわからない仕組み。しかも武器、防具、道具屋はない。戦闘に関してはいまいちだ。セーブは一つしか出来ず、上書きされる。CG鑑賞も回想で最後のシーンを見るのは大変な手間だ。シナリオ、CGに関しても良いともはいえない。最後は定番で予想できるものだがまぁまぁ。ただ定価(2800円)が安いことを考えると立派な出来だ。とは言っても中古では定価はほぼ無関係ですけど。

©BACKSPIN/Guerunica(持ち出し厳禁)
©BACKSPIN(バックスピン)/Guerunica(ゲルニカ)
analysisページの先頭に戻る
今日:32昨日:183合計:2537237 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文