パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-08-05 | ページ表示数:5524回

花の記憶~第二章~

製作:FOSTER
発売日:1996-12-13
シナリオ:5 グラフィック:5 システム:6 総合:5
長所:無駄無し!  短所:メッセージスキップ不可
種類:D
Win版:有
点数は気にしない事!そんなゲームです。要するに完璧なおかずゲームなのです。他の要素は徹底的に排除されています。下のCGはシナリオの選択場面ですが、シナリオは一つで2、3つに分岐していきます。分岐によって180度違う内容になっていきます。そして立ちシーン無しで全部一枚絵です。例えば真中の子の場合、右から二番目の女の人にコーヒーかけてしまって特別サービスしたり、彼の事を妄想したり・・・。キャラクターごとの関係も前の例のように少しあります。この中で特別なのは・・・少年を何かしたりするのは珍しいかな?とにかくおかずゲームですので他の用途には使用できません。絵が気に入った人以外はお勧め出来ません。ただシナリオも多少関係ありそうな・・・簡単に言うと全てのシナリオやっちゃうとやられちゃうの2通りでして・・・特徴は・・・淫乱??軽い??

©FOSTER/花の記憶~第二章~(持ち出し厳禁)
©FOSTER(フォスター)/花の記憶~第二章~(ハナノキオクダイニショウ)
analysisページの先頭に戻る
今日:168昨日:268合計:2522314 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文