パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2004-08-18 | ページ表示数:1558回

こうふくのカタチ

発売日:1999-10-29
原画:さとを シナリオ:どりんち
シナリオ:6 グラフィック:6 システム:6 総合:6
長所:ストーリー?  短所:共通部分が多い
種類:W
ほのぼのとして物悲しいケモノ系。落雷によって傷ついた亜人の少女を助け、介抱する主人公。しかし、彼女に賞金が掛けられたり、物語はだんだんときな臭い方向へ・・・。戦争によって荒れた国や亜人の悲惨な現状を軸に無垢な少女の秘密や主人公の周りの少女達のお話が展開する。プレー時間が4時間程度と、短くヒロイン5人の個別ストーリーと言えるようなものはないといっていい。メインヒロインの亜人と主人公付きの編集さん以外は3、4回会えばエンディングに突進する。謎もなければ、展開の理由付けも弱い。軽くプレーするには、題材や展開に重いものを含んでいるので、ちょっと中途半端な感が強い。端的に言えば、純真無垢の少女の自己犠牲とそれに頼らざるおえない主人公の境遇という設定がありきたりな感じがして好きになれない。絵は影の付け方など線が目立つ特徴のある書き方でゲームではあまり見ないタイプ。枚数はパターン含みで100枚程度で実質的には50枚程度だろう。Hはおまけもあるがまぁ標準で、特に珍しいものもない。システムは親切で色々と揃っているが、バックログがないことや、次の選択肢まで飛んだ場合、未読部分も飛ばしてしまう事があったりといまいちな部分もあった。全体を見渡しても、亜人(ケモノ)がヒロインのほとんどを占めている以外は目新しい物がなかった。耳や尻尾をこよなく愛する紳士淑女の皆様方以外にはどう勧めればいいのか悩む作品。(声は「だお」などの語尾もあってか、幼い感じのものが多かったが、まぁ標準だろう。)(おまけHにフタナリエルフと獣少女の結婚のお話があった。)

©イージーオー/こうふくのカタチ(持ち出し厳禁)
©イージーオー(イージーオー)/こうふくのカタチ(コウフクノカタチ)
analysisページの先頭に戻る
今日:124昨日:171合計:2528878 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文