パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2004-05-30 | ページ表示数:5735回

黒魔法少女サディスティック妖子

製作:林組
発売日:2002-01-25
原画:石原ますみ シナリオ:林保成
シナリオ:5 グラフィック:6 システム:5 総合:5
長所:妖子の性格?  短所:面倒
種類:W
魔王を倒し自らが魔王になろうとしていた矢先に、妖子によって召還され4人の恋敵を堕落させることを命じられた悪魔のお話。昼は妖子が学校に行き、夜は悪魔がヒロインと戦闘をしたりカード収集、使用、合成をする。昼間の選択肢はあまり意味がなく、夜がこの作品の中心。主な作業はカードを集め、二枚を合成し、様々なカードを作っていくこと。場所によって入手出来る物が異なり、エンディングの達成状況に応じてレアカードが入手出来るようになる。カードは、主にヒロインとの戦闘のための物で、能力値を上げたり、ヒロインの活発さなどを下げたりするのに使う。問題は96枚もあるカードを自力で組み合わせ新しいカードを見つけ出さなくてはならない点。これは一度のプレーでは困難なのでカードを持ち越しで再度カード収集をする必要があるだろう。そして、もう一つ難点は、非常に大変なのに必要なカードが少ないこと。戦闘はコツさえわかれば非常に簡単なので、最大でも20種類もあれば十分。この部分でどう行動するかで、陵辱や恋愛など展開が変わってくる。CGは全て合わせても100枚以下と少なく、Hシーンでも使いまわされている。内容は堕落させるという言葉から分かるように、初めは無理矢理というものが多い、パターン化されていて、徐々に自分からというのと、恋愛関係でのもの、後は堕落した時の物、捕らわれているものが一枚ずつ、とイベントでのものが数枚ある。個人的には悪魔と片思いの彼の格好がビジュアル系なことの方が気になったりする。とにかく、立ち絵とさほど違いがないので立ち絵が気に入れば気に入ると思う。長々と解説して来たが、色々と欠点の多い作品だと思う。システムも悪かった。だが、あまり長くなるのもなんなので詳しくはネタばれに書くとして、続いて内容について書いてみる。最初こそ悪魔と妖子が一緒に出てくるが、最後まで全くと言って良いほど接触しない。全く無関係かと言うと、夜で堕落させたヒロインが露出狂になったり、ナンパに誘ってきたり、イベント内容に変化はあるが、それで悪魔と妖子が会話するなんて事はない。まぁ堕落したと言っても性格は変わらないので劇的な変化はないのだけれど。とにかく二重のストーリーを読んでいる気分になってくる。どちらもボリュームが少なく、一回のイベントが次と関係しているということはほとんどない。恋愛関係になるのも非常に強引だ。どこか誉める場所を探すなら、妖子の二重人格を基にしたギャグとハイセンスな歌くらいだろうか。二重人格というのは学校でのおどおどしたいじめられっ子と、悪魔に対する仕打ちや心の中での毒舌のこと。歌はパロディーを効かせつつ、いかにもサディスチックな魔法少女といった歌詞が良い。後は、ストーリーがないのもある意味、良い点かもしれない。気軽に何も考えずにプレーできる、これはこれで悪くはない。欠点は多いが、作品として見れば良くも悪くもない。極めて平凡な作品。(プレー時間は人によって非常に差があると思うが、カード収集が、6時間、メインが3時間といったところ。ただ、攻略が面倒なので、攻略を見ながらという条件付。)(声優は普通に上手い、歌は三曲とも特殊で良い、音楽は無難。)(珍しいものとしては、聖水をかけられたり、男同士のレイプなんかも一箇所ずつある。)(以下ネタばれシステムは使い勝手が悪かった。右クリックで選択できるメニューと設定で設定できる事に違いがあるのには少々戸惑った。だが何よりも無駄に面倒なカード収集のシステムとセーブ、ロードの見出しが問題だ。カード収集については上で書いたが、セーブ、ロード。定型的な展開なのでロードする時に今どの当たりなのかわかりづらい。しかも夜の部はセーブの見出しが全く同じで、右クリックで表示される分には仕方ないが、オプションで表示される時が酷い。2×3列で画像つきで表示されるのだが、あまり変化のない画面なので全く意味を成していない。他にもボタンが小さかったり、雑だったり、目立たなかったり、不親切だと思わずにはいられない。)(ついでなので書くと、戦闘。召還魔法を使えば一発で終わるのは勘弁して欲しかった。初めは、ステータス最高にして、攻撃で戦っていたが、ほぼ勝てなかった。で、蓋を開けてみると召還魔法というのがあったわけだ。最低でも、攻撃だけでもなんとか勝てるバランスが欲しかった。カード収集と戦闘がやりたいなら、徹底して作りこまないと足を引っ張るだけのものになってしまうのは周知の事だとおもっていたんだけど・・・・・。他の作品よりは幾分ましだけれど、それでもかなり面倒。

©林組/黒魔法少女サディスティック妖子(持ち出し厳禁)
©林組(ハヤシグミ)/黒魔法少女サディスティック妖子(クロマホウショウジョサディスティックヨウコ)
analysisページの先頭に戻る
今日:30昨日:148合計:2506893 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文