パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2001-03-15 | ページ表示数:3697回

リィナ☆クリスタル

製作:コロッサス
発売日:1996-05-22
原画:山元浩脚本:小林英茂
シナリオ:6 グラフィック:6 システム:5 総合:6
長所:ギャグ  短所:内輪ネタが多すぎる
種類:D
Win版:有
祭りの帰りに怪光線を浴びてペスは犬にリィナにはぺ○スが生えてしまった。二人の元に戻るための珍道中を描いたギャグ作品。この作品はギャグメインの作品でHシーンは4回だけでほとんどペスとリィナの漫才です。その漫才で特に多いのは現実の店や人物を使ったネタ。特に締め切りに間に合わないとか、脚本家がロリコンだとかソフ倫に引っかかるとか。そんな話を読んでいるうちにいつのまにか事態が進んでいく感じ。気にしはじめたら大変ですが気にしなければコミカルな物語展開はなかなか楽しませてくれます。母をたずねて三千里の系統のアニメをパロディー化した感じもあってやわかな雰囲気です。ヒロイン達の言葉使いと性格はすごいですけどね。というわけで一本道で少し短いですが見つけたら買ってみても良い作品です。(リィナ以外のHシーンはありません。念のために・・・・。)

©コロッサス/リィナ☆クリスタル(持ち出し厳禁)
©コロッサス(コロッサス)/リィナ☆クリスタル(リィナクリスタル)
analysisページの先頭に戻る
今日:104昨日:167合計:2482169 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文