パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-05-13 | ページ表示数:1460回

Missing~いつかきっと~

製作:ピンパイ
発売日:1998-11-27
原画:真広雄海 シナリオ:悠月魅夜
シナリオ:6 グラフィック:6 システム:4 総合:5
長所:オープニング  短所:恋愛
種類:W
触れ込みでは、毎年バレンタインデーになると届けられる差出人不明のチョコ。一体誰から?朝に女の子に告白されたときから主人公の周りが動き始める。とこんな物でしたが、実際チョコのことはすっかり忘れてました。というか関係無い子のストーリーでは全く忘れられています。純粋な恋愛物です。ストーリーは二人でペアになっていて、選択肢で分岐します。作りは割と良く出来ていて標準レベル、CGも標準レベル、一つ一つの話は少し短めですけどね。ウィンドウモード、ノベルモードと文字表示は切り替え可能。(だからといって多分誰も切り替えない?)特色というかどこの紹介でも言われているのが下のCG。真のおまけシナリオでの一コマ。)あまりの可愛さに脳みそ破裂との談です。実際は知りません。全体的にまとまった作品でお金が出来たら買いましょうとしかいえません。そうそう、オープニングムービーの出来は最高。画質は汚いけどそんなことは関係ないくらいです。(当時比較)

©ピンパイ/Missing(持ち出し厳禁)
©ピンパイ(ピンパイ)/Missing(ミッシング)
analysisページの先頭に戻る
今日:16昨日:324合計:2542530 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文