パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-12-28 | ページ表示数:5756回

悶絶ファイター

製作:Trush
発売日:1995-05-12
シナリオ:5 グラフィック:5 システム:5 総合:5
長所:カードゲーム  短所:短い?
種類:D
Win版:有
下のCGを見れば分かるとおりカードゲーム。3P、2Pバトルがあり2Pは直接対決、3Pはボスと技を競い合います。カードゲームとしてはなかなか良く出来ていて楽しめるかもしれませんが、慣れると簡単。4×3+2回、面があります。FD6枚なのでボリュームありそうですがそうでもないです。ストーリーですが性技王伝説なるものになるために4人の印のある者達と戦い性技王になるお話、要は技術比べ。そしてその後に真の敵がいるという訳。CGは興奮度がある程度いくと一枚、ボスキャラはもう一枚、後最後に一枚の各2~3枚。男は出てきません。ストーリーが無意味なので昔のゲームが好きで16色CGを愛している人以外は時間の無駄かも、ただのカードゲームなら新しい方が良いと思うのですがどうでしょう?

©Trush/悶絶ファイター(持ち出し厳禁)
©Trush(トラッシュ)/悶絶ファイター(モンゼツファイター)
analysisページの先頭に戻る
今日:16昨日:324合計:2542530 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文