パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-10-17 | ページ表示数:7211回

無人島物語(一般)

製作:KSS
発売日:1994-08-05
原画:佐藤茂夫 プロデューサー:高野秀夫、他
シナリオ:6 グラフィック:6 システム:7 総合:6
長所:文明開化  短所:意外に自由度が低い
種類:D
Win版:有
サバイバル・ライフ・シミュレーションと銘打たれたシリーズ最初の作品。ゲームの目的は当然無人島からの脱出ですが、最終的にSESとかいうのから飛行船まで自力で作ってしまうというから驚き。ゲームの基本は島を探索して、見つかったポイントを調査して食料や機材を入手する。そして機材を組み合わせて色々作成する。後、少しだけあるイベントを見る。と至ってシンプル。能力値もあって何をするかで変動します。作品としてはなかなか面白いです。アトラスや大航海時代を小さくして女の子を出演させた感じ。イベントは何故か入浴とか海水浴とかが多くてR指定っぽいですが一般指定。続編のなかにはR指定やX指定(18禁)もある、ちょっとアダルトな作品かも。それにしても、何故、小島に石油があったり、海賊の宝があるのかな・・・旧日本軍の兵隊さんもいるし。(真のエンディングで3との関連が・・)

©KSS/無人島物語(持ち出し厳禁)
©KSS(ケイエスエス)/無人島物語(ムジントウモノガタリ)
analysisページの先頭に戻る
今日:34昨日:148合計:2506897 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文