パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2004-07-16 | ページ表示数:3493回

なりきりプリンセス~女になったボクを見て!~

製作:ZERO
発売日:2002-12-13
シナリオ:5 グラフィック:5 システム:6 総合:5
長所:ラブコメ  短所:凡作
種類:W
女装ラブコメ。入学したての主人公は偶然出会った女の子に一目ぼれしてしまう。彼女が演劇部に入る事を知って、見学に行くと・・・・部長に女装をさせらてしまう。なし崩し的に、演劇部では女の子ということで生活する事になってしまう。女の子同士だからあんなことも?というようなストーリーだが、6人のヒロインの内でその事を知らないのは3人だけ。各CG6枚しかなく部長があっちの世界に逝ってしまわれている以外は大した見所のないHシーンとシナリオ。ストーリーはまぁ設定と言い換えても良さそうで、幼馴染以外は、あるようでないようなもの。共通部分がほとんどで、個別部分は仲良く会話するというのがほとんど。分岐らしい分岐もなく、非常に単純な作りをしている。プレーする方としては、簡単でありがたいが、もうちょっと展開の幅が欲しかった気がする。あまりに皆展開が同じなので飽きてしまった。女の子同士ならではのイベントは、一緒にシャワー浴びたり、ランジェリーショップ行ったりするくらいであまり大したものはなかったように感じた。主人公にしてもその立ち絵さえほとんど表示されないので、女装しているのかどうかさえ良く分からなかった。しかも女装している時でさえ、極々普通の主人公だった。低価格だけあり、背景や立ち絵、そこかしこに手抜きが感じられた。プレー時間は5、6時間だが、2、3人目からはスキップする時間ばかり長く単なる消化作業になってしまった。普通にラブコメとしては良いかもしれないが、それ以上でもそれ以下でもない凡作。(女装の姿に惚れる男のものを部長と共にフェラをする場面は特殊かも。)(非常に分かりやすいセリフが多かった。いかにも主人公の事が好きな幼馴染とか、いかにも鈍感なヒロインとか、そういう分かりやすさがちょっと行き過ぎて白々しさが目に付いた。後、主人公の女装で同一人物だと気づかない、ヒロイン3人と男の鈍感さもちょっと・・・・。)

©ZERO/なりきりプリンセス(持ち出し厳禁)
©ZERO(ゼロ)/なりきりプリンセス(ナリキリプリンセス)
analysisページの先頭に戻る
今日:32昨日:183合計:2537237 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文