パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-03-16(文章添付2000-4-4) | ページ表示数:2422回

夏祭~なつまつり~

製作:DISKDREAM
発売日:1999-10-15
原画:根須魂介 シナリオ:JUN
シナリオ:7 グラフィック:8 システム:7 総合:7
長所:田舎の懐かしさ、豊富な昔話  短所:ナンパゲーム、細部にムラ?
種類:W_??
田舎です。祭りです。幼馴染です。ほのぼのです。絵も好きで、音楽も何処かの祭りを録音した様で雰囲気いいです。声優もまぁまぁうまいです。でもナンパゲームです。女の子との昔話がほのぼので逸品!内容も厚くて買ってもいいのでは?シナリオの出来も中の上といったところでしょうか?悪くありません。ならば何故こんなに気に入ったのかと言えば、趣味の世界に突入します。もし、あなたの近くの店で大安売りしていたら買いだと思います。さてでは何がそんなに気に入ったのか書いていきます。まず、第一にキャラクターに惹かれてしまいました。しかも、ほとんどサブキャラと言っていいようなエンディングが一応あるという程度のキャラクターです。何故かは不明です。しかし何より下の画像のように画面が茶色がかって過去の逸話が語られるのが気に入りました。久しぶりに帰ってきた生まれ故郷、懐かしい友達そして思い出される昔話。作りは非常に良いです。ただ物語が恋愛メインで深みがないです。でも、やっぱり昔話に出てくる小さな・・・・。エンディングのあるキャラクターは多いです。10人位はいると思います。クリアーすることによって話に幅が出てくるシステムを採用してます。ですから、何度も遊べますし、出現場所は決まっているのでそれほど難しくありません。軽い気持ちでプレー出来る同級生タイプの良品です。忘れていましたが声も出ます。皆さん人並みにうまくいです。関連商品としては「Endless Serenade」や一応、同人ものということになっていますが、「三重奏」があります。

©DISKDREAM/夏祭(持ち出し厳禁)
©DISKDREAM(ディスクドリーム)/夏祭(ナツマツリ)
analysisページの先頭に戻る
今日:43昨日:328合計:2501945 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文