パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2001-05-15 | ページ表示数:6700回

パワースレイブ

製作:海月製作所
発売日:1995-10-27
原画:織倉まこと
シナリオ:5 グラフィック:5 システム:4 総合:5
長所:アニメーション?  短所:シナリオ?
種類:D
Win版:無
アクション(?)あり、アニメーションありのアドベンチャーゲーム。記憶喪失の主人公が借金のために4日間連続試合をする。ゲーム好きの高校生で姉に借金を作っている。自分の過去や力を持ったお札の謎が解き明かされる?こんなストーリーですがメインの4日間はまったく同じ展開で飽きる。恋人(?)にハリセンでどつかれると記憶が戻って昔の人格になる。それで戦う。勝つ。相手が重傷で死ぬかもしれないからどこそこの幻のなんたらを取ってきてくれとか言って恋人を行かせてH。型にぴっちりはまっていて飽きる。しかもこの4人が4人とも話が通じないパープリン。その後の展開も面白味にかける。アニメーションと大阪的つっこみ以外これといってみるべき物はないそこそこの作品。(アクションというのは戦闘で、攻、守、気、必、これらをゲージが溜まったら実行するというもの。)

©海月製作所/パワースレイブ(持ち出し厳禁)
©海月製作所(ウミツキセイサクジョ)/パワースレイブ(パワースレイブ)
analysisページの先頭に戻る
今日:98昨日:171合計:2528852 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文