パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-08-04 | ページ表示数:6708回

ここは楽園荘

製作:FOSTER
発売日:1994-04-22
原画:バッチマスター シナリオ:D.D
シナリオ:3 グラフィック:3 システム:2 総合:3
長所:簡単・・・  短所:古い
種類:D
Win版:有
一本道ストーリー・・・と言いたいところですがストーリーはありません。「楽園荘」という叔父のマンションの管理人になることになった主人公。そこには女の人しか住んでいなかった。というお話です。住民は5人。内一人は叔父の娘で主人公のことが好きで「楽園荘」に引っ越してきます。後、住民以外に2人出てきます。この「楽園荘」は実は愛人を囲っている叔父のハーレムだったというのが結末。キャラクターにそれ程個性はありません。高校生と叔父の娘は多少浮いている感じがしますが後は同じ。ちなみに下のCGは叔父の娘。最後は彼女とラブラブになります。だからどうということはないですがね。ただただHシーンを鑑賞するだけでゲームというのは違和感。賞味30分がいいところでしょう。シリーズ集めてるなら買いですが、お金は大切にしましょう。典型的なおかずゲーム。

©FOSTER/ここは楽園荘(持ち出し厳禁)
©FOSTER(フォスター)/ここは楽園荘(ココハラクエンソウ)
analysisページの先頭に戻る
今日:34昨日:148合計:2506897 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文