パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2003-06-07 | ページ表示数:3544回

学園退魔伝レイコ

製作:Trush
発売日:1994-10-28
原画:BELL シナリオ:NEKOSAN
シナリオ:5 グラフィック:5 システム:5 総合:5
長所:楽  短所:短
種類:D
Win版:無
女学園で起こる事件を解決するため、新米捜査員で超能力者である主人公が活躍する(といっても捕まってばかりで無能かも)。男は出てきません。特徴はなんといっても百合だということ。後は短いこと。始まったと思ったら終わってます。Hシーンは5回前後。プレー時間20分。ですから、ストーリーは気にしないほうがよさそう。HはSM系と薬でおかしくなってします系。要するに薬でおかしくなってお友達と・・・。というのと敵に捕まって・・・・。というのがあるわけです。ついでに書くとバッドエンドの無い、一本道です。主人公にはソッチの趣味はないそうです。絵は崩れてますが、Hシーンのみ比較的まとも。ゲームシステムは場所を移動してコマンドを実行するという定番です。最初は全てのコマンドを実行しないとならないので面倒だが、詰まることなく楽に進めることが出来ます。(名前の表記は本当は漢字「玲子」も併記した方がいいかも)(1999年に続編が出ている。)

©Trush/学園退魔伝レイコ(持ち出し厳禁)
©Trush(トラッシュ)/学園退魔伝レイコ(ガクエンタイマデンレイコ)
analysisページの先頭に戻る
今日:168昨日:268合計:2522314 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文