パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-03-16(文章添付2000-4-4) | ページ表示数:2807回

RISE

製作:RISE
発売日:1999-02-25
原画:藤岡タマエ シナリオ:まり
シナリオ:7 グラフィック:7 システム:8 総合:7
長所:馬鹿、単発シナリオ  短所:ストーリー無し?絵?
種類:W_??
育成+恋愛SLG。で内容ですが、ある日道端で少女と出会って私が何に見えますか?と聞かれて普通の女の子じゃないの?と答える主人公。変な子だと思って学校から帰るとまだ道にいる。家に帰るとその少女が訪ねて来て自分はアンドロイドだという。知り合いの教授の作ったアンドロイドで人間らしくするための生活が始まる。こう書くとよくある話です。ついでに、一昔前に流行ったポストペットに非常に似ている、ななこOSというものがあります。DVDを見たり本を読んだりメモリー、CPU、マザーボードを買ったり家具を新調したりできます。このななこOSの画面で教育をしてパラメーターを上げていきます。そして通常の画面で家にいるか学校に行くかでストーリーが進んでいきます。最終的に大学のミスコンで優勝することが目的ということになっています。画像でも想像がつくと思いますが、ななこは馬鹿です。でも純粋でいい子です。標語(?)としてはななこはあなたに届きたいというのがありますがほのぼのとしていて良い味出してます。本当にほのぼのです。ゲームの基盤になっているのは純粋ということなのかもしれません。もしかしたらプレイヤーも教えられる逸品です。(後に名前をななこOSと変えています。何故かは不明。)

©RISE/RISE(持ち出し厳禁)
©RISE(ライズ)/RISE(ライズ)
analysisページの先頭に戻る
今日:197昨日:228合計:2482490 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文