パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2005-01-15 | ページ表示数:1952回

RONDO

製作:FRONTIER
発売日:1995-04-28
原画:大越秀武 シナリオ:冬まさき 原案・原作:夏まさき
シナリオ:5 グラフィック:6 システム:5 総合:5
長所:絵  短所:性急
種類:D
Win版:無
30分程度で終わる、コメディーっぽい作品。不思議な少女の夢を見た主人公の(美少女ゲームでの)ありふれた日常を駆け足で描いたのが本作品。まぁこの設定は、Hの理由付けに利用されるだけで、あまり意味はない。一本道でどの選択肢を選んでもなんら支障はない。馬鹿な受け答えをしつつ、ちょっとしたきっかけで周りの女の子達とHをする。パンチの足りないぼけぼけの会話と絵以外見所はないだろう。発売年度からいって当然だけれど、絵は見ての通り綺麗。Hは各3枚以上6人で枚数は比較的多いが、ごく普通の短いものだけしかない。システムはディスカバリーのいつものやつで、使いやすくシンプルだが、短いのでどうでもいい。この作品独自の何かが1つも見つけられなかった。ギャグにしても普通のぼけぼけだし、ストーリーやHする理由もありきたり。ということで、悪くもないが目立つ所のない凡作。(チーフCGに藤原秋久)(理屈や筋道というのがお留守なので、論理的じゃないとか意味が分からないとかそんな当たり前の事をいう人には向きそうもない。)

©FRONTIER/RONDO(持ち出し厳禁)
©FRONTIER(フロンティア)/RONDO(ロンド)
analysisページの先頭に戻る
今日:104昨日:167合計:2482169 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文