パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:1999-06-08 | ページ表示数:4045回

ルーキーズ

製作:海月製作所
発売日:1997-01-31
原画:たくま朋正 シナリオ:高志奈未希
シナリオ:6 グラフィック:8 システム:5 総合:6
長所:奇麗なCG、探偵物の雰囲気  短所:難しい
種類:D
Win版:無
三十路になった自称探偵のお話。依頼らしい依頼が来ないので貯金をはたいて雑誌に広告を載せた。依頼が舞い込んだが、10年来の彼女と失敗したら探偵をやめると約束してしまう。依頼は女学園で麻薬が蔓延しているらしいので調査をしてほしいというもの。用務員として雇われ用務員室にいくと元々いた用務員が死んでいた。その後、調査を開始していくがなれないせいで色々な失敗を重ねていく。しかし、仲良くなった生徒達と協力しながら事件を解決していく。探偵物は多くありますがこの作品の主人公ほど冴えないのも珍しいかも。冴えないと言っても格好悪いというのとも少し違いますけどね。それはともかくストーリーですが麻薬事件についてはあっけないほど簡単に探り当ててしまうのですがそこはミステリーだけあって意外な展開で飽きさせません。ただ、少しでも選択肢を間違えると良いところまで伸ばして殺されますけどね。たぶんプレーした90%以上の人がバッドエンドで悔しい思いをするでしょう。物語が盛り上がっているだけにやり直しとなるとちょっときついです。そうは言ってもまとまりのあるなかなかのシナリオです。後、CGは見ての通り奇麗です。16色ですから細部を見れば当然汚いのですが奇麗に見えます。その他の要素も悪くない。ちょっと熱血してますしクールな推理合戦は期待出来ませんが誰でも楽しめる逸品。(Hは麻薬でおかしくなって生徒が数人出てきますが他は至ってノーマル。)

©海月製作所/ルーキーズ(持ち出し厳禁)
©海月製作所(ウミツキセイサクジョ)/ルーキーズ(ルーキーズ)
analysisページの先頭に戻る
今日:104昨日:167合計:2482169 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文