パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2001-01-22 | ページ表示数:3329回

格闘娘りょうこ

製作:娘屋ソフト
発売日:1993-11-20
原画:さく・さくら 企画:USA
シナリオ:5 グラフィック:4 システム:3 総合:4
長所:ゲームオーバー無し・・・  短所:全体
種類:D
Win版:無
カードゲーム。刑事のりょうこは犯罪組織を追っていた。しかし、相棒が殺され捜査中止の決定が下る。りょうこは刑事をやめ単独捜査を再開する。そして、真相に迫るため闘技大会に出場する。そのパートナーとして出てくるのが賭博師の主人公、相手の女性闘士が目当て?はっきりいって、カードゲームとしても大した面白くありません。思うようにいかなすぎる感じです。シナリオは定番ですし、Hシーンは特殊なんですが別にどうでもよさそう。マウスクリックしてメーターをある一定に留めなければいけない仕組み。このメーカー「ブルーゲイル」や「イメージクラブ」「エウシュリー」の元になってるみたいですが出したゲームってこれだけかな?(ゲームにはセーブもロードもなく途中リタイヤも出来ませんが、最初の名前を決定するところで敵キャラクターの名前を入力してシフトキーを押しながらEndにすると途中から始められます)

©娘屋ソフト/格闘娘(持ち出し厳禁)
©娘屋ソフト(ムスメヤソフト)/格闘娘(カクトウムスメ)
analysisページの先頭に戻る
今日:168昨日:268合計:2522314 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文