パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-10-17 | ページ表示数:3641回

三国志Ⅳ(一般)

製作:KOEI
発売日:1994-02-26
プロデューサー:シブサワコウ
シナリオ:5 グラフィック:6 システム:6 総合:6
長所:本格派  短所:コンピューター馬鹿過ぎ
種類:D
Win版:有
信長の野望シリーズと双璧を成す超有名歴史SLGの第四弾。CGを見てもらえれば100の内70くらいは分かるはず。国分けされていたシステムが城ごとになったり、武器の開発で城攻めが楽になったり、色々ゲーム自体が細かくなってきた作品ですね。しかし古いゲームのせいかコンピューターが馬鹿でして相当不利な状況にならない限り苦戦するということはないでしょう。そうそう、自分で武将を作る事も出来ますし、君主が放浪することも出来ます、ついでにシナリオは5つ、群雄割拠から段々と3つの国だけになる経過ですね。武将には能力値だけでなく技能もあってこれがなかなか重要。まぁ典型的な歴史SLGですね。イベントもあるようですが出会うのは難しいです、面白い事は面白くてよく出来た作品ですね。

©KOEI/三国志Ⅳ(持ち出し厳禁)
©KOEI(コーエー)/三国志Ⅳ(サンゴクシ)
analysisページの先頭に戻る
今日:170昨日:268合計:2522316 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文