パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:1998-?? | ページ表示数:3440回

V.R.デート 五月倶楽部メイクラブ

製作:Desire/エクセレンツ
発売日:1996-10-25
原画:奥間まさみ・たいらひとし・田無栄造・魔紅那夢Joe・MERCY-RABBIT
シナリオ:7 グラフィック:6 システム:5 総合:6
長所:多彩なキャラクター、シナリオ  短所:古い・・?
種類:D(W)
Win版:有プ
VR空間でデートをしようというゲームなのですが、VR空間では顔も声もなにもかも同じでなんのためにVR空間でデートをしなければならないのか不思議に思いましたが、実際やってみるとクラッカーの力を借りて子供になって潜り込んだり、男が女になっていたり、女が男になったり、家族のカードを使って別人が潜り込んだり多彩でなかなかの出来でした。ここまで多彩なゲームもないだろうと思います。VR空間に行ける回数が決まっていて、全部を一遍にというのは無理なのですが、そこがまた面倒で好き。「2」が出ていますが絶対に買ってはいけません。プレーしてはいませんが絵から評判から最悪ですからね。無名(?)作品の中で数少ないお勧め作品です。

©Desire/エクセレンツ/V.R.デート 五月倶楽部メイクラブ(持ち出し厳禁)
©Desire/エクセレンツ(デザイア/エクセレント)/V.R.デート 五月倶楽部メイクラブ(ブイアールデートサツキクラブメイクラブ)
analysisページの先頭に戻る
今日:103昨日:227合計:2481687 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文