パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2003-11-17 | ページ表示数:7840回

聖翼学園セラフィタ

発売日:1997-02-07
原画:魔北葵 シナリオ:佐々木酒人
シナリオ:5 グラフィック:5 システム:5 総合:5
長所:ちん×2  短所:繰り返し
種類:D
Win版:有
ふたなり・シーメール・両性具有、ちんちんをテーマにした稀有な作品。ばりばりの関西弁の主人公(女・ふたなり)がある人物から逃げるために女学園である聖翼学園に転校してくる。そこで繰り広げられる乱交の日々・・・・かとおもいきや。実はストーリーにもちょっと力を入れている。ゲームは恐ろしく濃い小ネタと乱交を交互に繰り返す作りになっている。小ネタは主人公が用語の嘘の解説をしてつっこまれたり、ぼけたりする類が多い。乱交はランダム乱数システムとかいう「受け」「攻め」とキャラクターの役割を決め、それにしたがってある程度ランダムに文章、CGが流れるというシステムのために、まとまりのないばらばらの会話になってしまっている。普通のHイベントも多少はあるが、このシステムのものがほとんどだ。一枚絵の数はそれほどでも無いが、顔CGや小CGの数は非常に多い。キャラクターはというと、下のCGの左から順に温和で大胆なニューハーフ、あれが肥大化した主人公の子猫ちゃん、ふたなり主人公、ふたなりの主人公の従姉、運動馬鹿のばいぶ使い、運動馬鹿の女装弟。後は乱交仲間ではないが、コギャルと電波少女が一人ずつ。意外とまともなストーリー展開とシナリオなのでちょっと驚きました・・・・Hイベント以外は(ちんぽが死ぬぅ~~~~ってあんたちょっと・・・・)。選択肢もあり、エンディングの種類もいくつかある(非H)。プレー時間も長め。しかし、ふたなり耐性がなければプレーするのも辛い作品なので、そっちの趣向がある人以外はやめておくのが無難かも。(Win版は「あくいれじあ白書」という名前で声付きで発売された。)(毎夜Hイベントが発生する。しかし、大概同じ展開になってしまって、せいぜい人数が増えた後の数回しか意味がない。なのに毎夜発生するので面倒。ちなみにプレー期間は一年だが、日にちは飛び飛びだ。)セラフィタ=seraphita

©スペースプロジェクト/聖翼学園セラフィタ(持ち出し厳禁)
©スペースプロジェクト(スペースプロジェクト)/聖翼学園セラフィタ(セイヨクガクエンセラフィタ)
analysisページの先頭に戻る
今日:30昨日:148合計:2506893 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文