パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-05-30 | ページ表示数:1161回

天使の住む館(同人)

製作:Nirvana Soft
発売日:1998-12-30
原画:ひろにぃ シナリオ:なあもう プログラム:take4
シナリオ:4 グラフィック:4 システム:3 総合:4
長所:同人  短所:立ち絵の不備
種類:W
まず、最初に同人です。ついでに言うとこの点数は市販品と同じレベルでつけています。同人でかつたった三人で作ったとは思えない逸品。同人ですから値段も安くお勧めです。といってもストーリーとCGが矛盾していたり選択できるのが最大8回の選択肢で1F、2F、館の外だけと作りは凝ってはいませんが気になるレベルではありません。ストーリーは両親を失った御曹司が館を出て海外留学するまでの1週間をメイド二人との交流で描きます。使用人はお金渡してやめてもらったのですが、二人だけ残ったという設定。なんと言うことはないですが、短い分市販品とは違うCGの使い方をしていて意外と面白い?とこのように同人といえども面白いゲームはたくさんあります。市販ゲーム製作者が製作している場合も?

©Nirvana Soft/天使の住む館(持ち出し厳禁)
©Nirvana Soft(ニルヴァーナソフト)/天使の住む館(テンシノスムヤカタ)
analysisページの先頭に戻る
今日:129昨日:233合計:2529116 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文