パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-07-11 | ページ表示数:4829回

少女

製作:きゅろっと
発売日:1998-12-18
原画:あやせまい シナリオ:柊☆でぃるま、村上早紀、他
シナリオ:6 グラフィック:6 システム:6 総合:7
長所:きちがい少女  短所:人間に見えない絵?
種類:W
エンディングも複数あり、なかなか遊べる作品。最初にロリレベルを測定する所から話題になった作品。話の内容は義妹の友達3人の家庭教師になることになった主人公の物語。とこれだけ。最終的に純愛から鬼畜や人類愛(?)まで幅広い物語展開が可能。場所を指定してイベントを起こして、家庭教師中の会話で物語は進行します。システムその他は普通のAVGと同じです。特徴は・・・やはり絵、意外と文章も個性的。良く見ると村上早紀さんがシナリオに参加。10冊程度の本を書いている。ついでに実は原画さんがシナリオの3分の一を担当。主要な4人の他に、友達の母親、るるちゃんが出演しています。その中でも破壊的なきちがいで精神病院に通っている本名不明の「るるちゃん」はすごいです。これだけでも買いです。そして、ロリコン以外も楽しめる作品です。というかCGごとに年齢が変化している感じ。ええと、主人公は基本的に変質者です。全体的に良く出来ていて18禁+αがきちんとしている作品。(少女(仮)は発売未定というか中止に近い状態)

©きゅろっと/少女(持ち出し厳禁)
©きゅろっと(キュロット)/少女(ショウジョ)
analysisページの先頭に戻る
今日:63昨日:185合計:2529235 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文