パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2002-04-29 | ページ表示数:1956回

とらぶるあうとさいだ~ず

製作:ぷち
発売日:1996-09-20
シナリオ:6 グラフィック:5 システム:5 総合:5
長所:シナリオ?  短所:??
種類:D(W)
Win版:有プ
シンボル(勇者)キラーの異名を持つ悪人(?)の主人公が世界を救うお話。とは言ってもとってもいい人で、肩書きとの大きなギャップを感じる。西洋風の主人公が江戸時代風の舞台で越後屋に雇われ暗殺や警護をするのですが、主人公のライバルである同門の勇者の自称弟子が多分メインヒロイン。至る所であらわれ主人公の邪魔をしようとするが失敗するお笑い役。ごくごく普通のAVGで特徴は特にない。ただ、選択肢によって多彩な展開を見せる。ストーリーも悪くはない。18禁としても、まぁ合格。ボリュームも当時としては大きい。欠点はせいぜいストーリーに深みと整合性がない程度。あまり目立ちようもないが良作だ。Win版、PC98版がありますが内容は同じだと思うので中古屋で見つけたら買ってみてもいいかも。

©ぷち/とらぶるあうとさいだ~ず(持ち出し厳禁)
©ぷち(ブチ)/とらぶるあうとさいだ~ず(トラブルアウトサイダーズ)
analysisページの先頭に戻る
今日:104昨日:167合計:2482169 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文