パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2003-06-07 | ページ表示数:5134回

たまご料理

発売日:1995-09-14
原画:飛鳥ぴょん・きゃろらいんようこ・小本田絵舞・聖少女・MIRIKO・あずき紅・KOMA・榊雷輔・猫井るとと・横田守 シナリオ:CRUSHER TANABE、REDWOOD CITY
シナリオ:5 グラフィック:7 システム:6 総合:6
長所:多彩な原画  短所:コミック
種類:D
Win版:有
多彩な原画家が競演する20のオムニバス作品。「借金取りと娘」「お姉さんとボク」「GR-17」「妖魔ハンターR」「漂流記」「L.A.バイス」「告知病棟」「禁断のシュート」「囚われた王女」「オレ様は大宇宙海賊」「くの一関ヶ原異伝」「翔龍伝説」「そんなに燃えちゃいやっ!」「勝ってピーッ!」「高校講師」「ランプに御用心」「御嬢様と呼ばせて・・・・」「魔法少女プリティー・キャティ」「霊媒師おりてきてH」「ラストウエスタン」。とこれで全部だが一つ一つ説明するのも面倒なので説明はしない。ただ、シナリオが二人いるので二通りのパターンがあるはず。終わり方はそれぞれで驚くものからバットエンドやハッピーエンドまで多彩。CGは一つに三枚ずつ。途中の選択肢は飾りでエンディングは一つ。ゲーム史上でも他に類を見ないゲームなのでやってみてもいいかも。(ただの紙芝居なのだが、変わった話が多い。個人的には好きな作品。)(下のCGは「お姉さんとボク」。相思相愛で同棲するのだが、女装させられて犯される話。)(サブ原画として、樋上いたるも参加している。)

©ボンびいボンボン!/たまご料理(持ち出し厳禁)
©ボンびいボンボン!(ボンビンボンボン)/たまご料理(タマゴリョウリ)
analysisページの先頭に戻る
今日:100昨日:274合計:2507498 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文