パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-05-03 | ページ表示数:1908回

逃亡者

製作:ZERO
発売日:1998-03-27
原画:尾山泰永
シナリオ:4 グラフィック:5 システム:4 総合:4
長所:簡単  短所:短い
種類:W
この頃点数や何とかの点という項目が無意味な気がする。さて感想に移ります。はっきりいってストーリーは考えない方が無難です。テロリストの二人の少年が逃亡の途中で立ち寄った屋敷で狼藉を働く話です。でも、ストーリーがなんの意味もなしてません。まぁこのゲームも絵を見て、気に入ったら買うというものですね。しかし、短い。どんなに引き伸ばしても1時間がせいぜいでしょう。ついでに言うと下のCGに登場している人物の他に女医とツバキがいます。当然ですが、ほのぼのも純愛もありません。極めてシンプルなゲームです。エンディングも大別すると逃げ切る、殺されるの二つしかありません。

©ZERO/逃亡者(持ち出し厳禁)
©ZERO(ゼロ)/逃亡者(トウボウシャ)
analysisページの先頭に戻る
今日:92昨日:277合計:2513846 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文