パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2002-08-01 | ページ表示数:9009回

闘神都市Ⅱ そして、それから・・・(一般)

製作:ALICE SOFT
発売日:1995-12-08
原画:MIN-NARAKEN シナリオ:とり
シナリオ:3 グラフィック:4 システム:3 総合:3
長所:・・・・?  短所:質
種類:D
Win版:有
一般向け小説。題名の通りの作品でその後の一騒動の物語。もし「闘神都市Ⅱ」をプレーしていなかったら絶対に買ってはいけない。しかし、物語としてそれほど連携していないので単体としても楽しめる。だが、「闘神都市Ⅱ」に思い入れがないのであれば楽しめないだろう、あったとしても無理かもしれない。はっきりいって17枚の挿絵があるだけで2800円は高すぎる。値段ではないかもしれないが、もう少し面白くて長い小説が5冊は買える。個人的には縦書きで読めないのが大きなマイナスだ。ストーリーもどうでもいい。挿絵と文章はほぼ同時表示されない。そうはいってもファンの人には楽しめるのだろう・・・たぶん。(登場キャラクターは道場関係の人達と新キャラクターだけで他は数人の名前が1、2回出てくる程度)

©ALICE SOFT/闘神都市Ⅱ そして、それから・・・(持ち出し厳禁)
©ALICE SOFT(アリスソフト)/闘神都市Ⅱ そして、それから・・・(トウシントシツー ソシテソレカラ)
analysisページの先頭に戻る
今日:211昨日:167合計:2535943 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文