パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2002-04-29 | ページ表示数:5503回

大航海時代Ⅳ(一般)

製作:KOEI
発売日:1999-02-26
プロデューサー:シブサワコウ
シナリオ:5 グラフィック:4 システム:5 総合:6
長所:本格派・・・  短所:自由度の低さ
種類:W
一般作品。船を操り、交易や海賊を行ってお金を儲ける特に目的が設定されていないゲーム。のはずですがⅣになって少し変わって、ストーリーが強化されました。競合相手との戦闘がストーリーによって方向付けられ、覇者の証を集めることが目的になっているようです。そして、世界を7つの海域とその他に分け全世界を航海する必要がなくなりました。発見物は酒場娘に聞くことによって多分全て網羅できるようになりました。はっきりいって自由度は高くありません。発見物の収集か全港の占有率100%か遊びかたは二つのようです。しかもそれらは意外と簡単で時間はかかりますが難易度は極めて低いです。後、重要なのが登場勢力が少なく、完全撃破すると消滅します。最後には航行している船が自分だけという事が十分ありえます。それってさびしいですよね。よって個人的にはお勧めしません。これをやる位なら前作のⅢ、Ⅱをお勧めします。(遊びがなくなってしまいました、同時期発売の太閤立志伝Ⅲも同じ感じ、その後方向転換してまた自由度重視になったようですけどね。)

©KOEI/大航海時代Ⅳ(持ち出し厳禁)
©KOEI(コーエー)/大航海時代Ⅳ(ダイコウカイオジダイフォー)
analysisページの先頭に戻る
今日:235昨日:258合計:2501809 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文