パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2002-07-15 | ページ表示数:2202回

禁術と呼ばれる術(同人)

製作:ガソン・ワフ
発売日:1998-10
シナリオ:5 グラフィック:6 システム:7 総合:6
長所:戦闘  短所:・・・?
種類:F(W)
ダウンロードはここから
副題が「Normal Fantasy RPG」とありますが確かにストーリーそれ自体はそうかもしれません。しかし戦闘や遊びの要素はとてつもなく濃い。戦闘は下のCGのように敵が見えるタイプでしかも復活しないので数に限りがあります。ボスキャラは非常に多くそれぞれ何かを守っています。伝説の武器だったり魔法だったり。とにかくあちらこちらにボスがいる。しかも、最初からかなりいい武器が手に入りますし、武器屋などもクイズを解いたりすれば全てにいけます。魔法は特定のダンジョンで敵を倒すと覚えられます。強い魔法は各地のボスが教えてくれる。パズル要素も大きく色々な遊びにも出会えます。とにかくRPGの楽しさを濃縮したような作品。目に見える敵はかたっぱりから倒してしまいまいた。後、ストーリーもそれほど悪くありません。記憶をなくした4人が記憶を戻そうとかぎとなるダンジョンを捜索するのですがその内の二人は昔、魔王と呼ばれていて・・・・。

©ガソン・ワフ/禁術と呼ばれる術(持ち出し厳禁)
©ガソン・ワフ(ガソン・ワフ)/禁術と呼ばれる術(キンジュツトヨバレルジュツ)
analysisページの先頭に戻る
今日:171昨日:216合計:2522533 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文