パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-07-23 | ページ表示数:8455回

Xchange

製作:CROWD
発売日:1997-10-24
原画:赤崎やすま、OCX-X シナリオ:八雲意宇
シナリオ:6 グラフィック:6 システム:4 総合:6
長所:マルチエンド・・  短所:システム?
種類:W
フォークソング」のシナリオさんと同じ人。と言ってもこれはおかずゲームであって他の何者でもない。一部に絶大な(?)支持を集める作品。これをプレーして性転換物を漁り始めた人も多々いるとか?内容は薬のせいで女になってしまった主人公の男に戻るまで(女のままのエンドも多い)の受難の日々。最後は幼なじみか科学部部長とラブラブになるのが本命。横道にそれると美術部で慰み者(?)になったり、保健室の先生のおもちゃにされたり・・。システムについては下のCG参照。見たCGは見れるが回想したりは出来ない。「2」も出ていてボリュームも格段に上がっています。基本的な作りは同じなのでどっちか気に入れば両方買うのが得策ですね。絵を見て・・・と言いたいところですがシナリオも特徴あるので小説を買ってみるのもいいかも。(中古とどっちが安いか?)お勧めの部類に入りますね。一番の特徴は薬の副作用で感じ過ぎる体のせいで・・というやつです。何が感じるって?小川のせせらぎに風流を・・・・。(嘘)

©CROWD/Xchange(持ち出し厳禁)
©CROWD(クラウド)/Xchange(エックス チェンジ)
analysisページの先頭に戻る
今日:186昨日:211合計:2513663 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文