パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-05-10 | ページ表示数:1152回

夕日の中で君は

製作:
発売日:1999-06-04
原画:吉田誠司 シナリオ:津島和洋
シナリオ:7 グラフィック:6 システム:5 総合:6
長所:馬鹿  短所:一本道、短い
種類:W
問い:どんなゲームか。答え:純粋なバカゲー。これでほとんど全部言い切れます。おっと馬鹿なのは主人公だけです。バカゲーというのも珍しいので良いですが、他にも良い所のある秀作。例えば、歌。なんとなくいいです。うまいわけではないですけどね。でも、ボイスは無し。選択肢は大体三つあるのですがその内一つは、冗談が入ってます。それをほとんど最後までつきとおします。実はもっとも特徴的な物に容量があります。確か25M程度です。この時期の普通のゲームの10分の1。それを余り感じさせない物になっていますけどね。絵を見てバカゲーが好きで物語が短くてもいいと割り切る人にはお勧め。値段には見合いませんが安売りの時には是非お手元に。

©鯖/夕日の中で君は(持ち出し厳禁)
©(サバ)/夕日の中で君は(ユウヒノナカデキミハ)
analysisページの先頭に戻る
今日:131昨日:233合計:2529118 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文