パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2003-11-27 | ページ表示数:4710回

Let's! パイレーツ~とらぶる・ばかんす~

製作:Zyx
発売日:1997-02-07
原画:金子光晴 シナリオ:GM(朝凪軽)
シナリオ:5 グラフィック:5 システム:4 総合:5
長所:百合?  短所:薄い?
種類:W
レズ。大金を稼ぎ、バカンスにやってきた海賊の主人公カップル。研究資金を溜め込んでいるというマッドサイエンティストの噂を聞き探し始めるが捕まってしまい・・・・。というストーリーで、基本的には姉貴肌の主人公とすかたん子猫ちゃんとの会話を楽しむ(?)ゲーム。ナレーターにいちいち反応する以外に特に特徴のない会話だが・・・・。Hイベントは彼女らの絡みと、マッドサイエンティストの美人助手とのSMまがいが主で、後はタコやイカにやられてしまうものとバッドエンドや人体改造が少しあるだけ。バッドエンドは3.5個、不幸エンドでそこそこしかHではない。エンディングはHひとつに普通がひとつ。システムは、メッセージスキップ機能がなく連打しても音声の部分で止まり、音声は右クリックでスキップしなければならず快適とは言えない。CG鑑賞や二個しかないがプレールームはある。音声やOPムービーは当時としては悪くないだろう。細かいことを考えずにシナリオさんの名前を見てプレーするかどうかを決めるのが吉だろう。ゲームは2、3時間はかかるが、Hは薄め。内容もいつものような、おぼれる感じのものが少なかった。とにかく、一流の海賊にしては間抜けすぎるとか、伏線が潰されていることなんかは気にしてはいけない。適度に馬鹿らしいストーリーのある、Hゲームだ。(「TRIGGER」の続編ということになっているがジャンルからして、宇宙海賊物と18禁的探偵物というようにまったく違う。ただのりやいくつかの展開は同じ。)(攻略が意外と骨が折れる、武器を二つ持っていく事には気をつけるように、媚薬を手に入れるとエンディングが変わります。)(おまけCDドラマが付いているがもう少しストーリーに工夫して欲しかった・・・・切実に。)(XPでは「inst2000」を使ってインストールする必要がある。)(子猫ちゃんは、3年前襲った船から誘拐した少女で長年の調教の成果で従順なペットになったという・・・・ついでに書くとどちらも相手が初めての相手。それにしても・・・・実はひどい話。)
TRIGGER

©Zyx/Let
©Zyx(ジックス)/Let's! パイレーツ(レッツパイレイズ)
analysisページの先頭に戻る
今日:32昨日:183合計:2537237 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文