パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2000-07-11(リビドー7と分離2002-7-15) | ページ表示数:8047回

Libido7 IMPACT

製作:LIBIDO
発売日:1995-09-20
原画:JOY RIDE
シナリオ:5 グラフィック:6 システム:6 総合:5
長所:変態・・・  短所:一話が短い
種類:D
Win版:有
自分が変態だと自覚していない変態のお話の続編。前作では主人公対その他の娘のお話だったが、今回は組み合わせ自由。よって28通りのお話がある。ただ、その変わり一話は非常に短い。一話につきCG3枚だけだ。ただ、前作と同様に異常な世界を展開してくれます。バナナと混ざったアレを食べさせられそうになると聞いて興味が出たら、まず前作から取り掛かることをお勧めします。後、男が出てこないっていうのもポイント。皆さん変わった趣味の持ち主ですが、互いに愛し合っているらしいです。この手のゲームは趣味の問題なので面白いともなんとも言えませんが、独自の世界を作っていることだけは確か。(要するに話の数が増えた変わりに一話一話は薄くなった。それ以外は特に変わったことは無い。一方が気に入ればもう一方も気に入るだろう。)
Libido7

©LIBIDO/Libido7 IMPACT(持ち出し厳禁)
©LIBIDO(リビドー)/Libido7 IMPACT(リビドーセブン インパクト)
analysisページの先頭に戻る
今日:54昨日:311合計:2483161 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文