パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:1998-??(全面改訂2004-11-07) | ページ表示数:6842回

ランス4.2~エンジェル組~

製作:ALICE SOFT
発売日:1995-12-08
原画:YUKIMI シナリオ:TADA
シナリオ:5 グラフィック:5 システム:4 総合:5
長所:お手軽  短所:出来
種類:F(D(W))
Win版:有プ
簡易ダンジョンRPG。前作の続きで、突如襲ってきたエンジェル隊を殲滅する依頼を受けたランスは捕虜に尋問を開始する。エンジェル隊の秘密基地で待ち受ける、女の子モンスターや数々の罠を掻い潜り依頼を達成出来るのか。前作から1週間後に発売された本作品は当然ながら、システムは全く同じ。ただ、無意味なメダル集めとそれを使ったスロットでのカード集めや、レベルアップもすれば、女の子の数も倍増でやり応えは多少上がっている。しかも、ストリー上の繋がりはあるが、気にしなければ気にならないレベルなので本作から始めてもいい。基本的なプレースタイルはヒントの通りに行ける所に行き、アイテムを入手して要所要所で使っていきながら、少しずつ先に進んでいく。途中、寄り道をすると何個かイベントがある。プレー時間は3時間程度で、行ける場所も限られているので軽い気持ちでプレーできる。ただ、特別な女の子モンスターは殺すとゲームオーバーになってしまうし、仲間が1人死ぬだけでもゲームオーバー、ゲームオーバーに直結する罠などもありこまめにセーブしていないと少し辛い。肝心のHシーンは当然、拷問、強姦がほとんどで10個、CGは計30枚の内半分程度。仲間を騙してというのはなく、敵を倒したり、脅したりするものばかり。前作とは違い、仲間も多いので戦闘もスムーズに終わり、行き来も少なめなのでストレスなくプレーできる。ストーリーも完結していて小粒だがそこそこ楽しめる。問題は、前作をプレーしてからでないとこちらをする気になれないかもしれないということ。特に目を引くようなものは何一つないが、ゲームとしての体裁はなんとか整っている。

©ALICE SOFT/ランス4.2(持ち出し厳禁)
©ALICE SOFT(アリスソフト)/ランス4.2(ランスヨンテンニ)
analysisページの先頭に戻る
今日:219昨日:167合計:2535951 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文