パソコンゲームの解説、感想集[廃虚碑文]
 
rss1.0 | INDEX | 感想 | サイト案内 | サイトマップ 
公開日:2004-09-21 | ページ表示数:7839回

Xchange3

製作:CROWD
発売日:2004-06-25
原画:赤崎やすま シナリオ:騎西ソアラ
シナリオ:5 グラフィック:5 システム:5 総合:5
長所:お手軽?  短所:雑
種類:W
性転換。2度も女になった事のある主人公は、女になった主人公に惚れている後輩のために、またしても女になってしまう。バスに乗れば輪姦され、バイトをすれば襲われる、姉は主人公をおもちゃにし、お酒を飲めばさらわれる。今回は新しく、誘拐、監禁、調教など暗いものも多い。豊富なコスチュームと多彩なシチュエーションという売り文句の示すとおりメイド服や着物、男子制服、カフェのバイトの制服しまいにはボンテージまである。シチュエーションも前述した通り姉に犯られたり、様々なバイトや監禁、痴女など幅広い。ただ、ほとんどが1回きりで、しかも全体としても前の作品よりダークな雰囲気になってしまっている。どんな事があってもすぐ忘れるあの明るさが良かったので、ちょっと不服。そしてヒロインとの恋愛話が多い。本当にどうでもいいような話ばかり。特にメインヒロインの展開が3作共同じような感じで良くまぁ同じような展開で企画が通ったものだと思わずにはいられない。必要もないのに、今まで出てきたキャラクターをちょっとだけ出していたりもする。出来は関係なしで、個人的評価だけなら、絵も内容も作を重なるごとに悪くなっている印象を受ける。出来なら前作がボリュームもあり絵も比較的うまく、声優も上手い。今回は、大学生という事もあってか立ち絵がひょろ長い。全体的にも一段と下手になったというか、塗り(?)が雑だ。別に絵だけではなく、歌にしても声優にしてもシステムにしてもかなり荒削りで、あまり本気で作ってはいないのではないかと疑いたくなる。とはいえそれは前からなので、どこかで絶妙だったバランス感覚をなくしてしまったらしい。それでも、ファンの人は是非やってみて欲しい、プレー時間は前作よりも少し短めで、今までの作品と少し毛色が違うが、主人公は同じですから。(女王様エンドでプレイヤーに話しかけてきたのには・・・・ちょっと・・・・・。しかも、何故、モザイク入っているんだ?一応、服着ているはずなのに。)(主人公が女なので男役が必要になってくる。そのために多くの男が出てくるが声があまりに聞き苦しい。切りに出来るが変なキャラクターの男の声は聞きたくも無い。)(なんか、後輩とのHだけ毛色が違うと思っていたら、良く考えると、女の時に自分から進んでHするのって彼との時だけなんですよね、実は。)

©CROWD/Xchange3(持ち出し厳禁)
©CROWD(クラウド)/Xchange3(エックスチェンジスリー)
analysisページの先頭に戻る
今日:63昨日:185合計:2529235 Copyright 1998.2.6-2015.廃虚碑文